MENU
DTM機材オタク
国内・海外ミュージシャンの使用機材情報を調査し、解説記事を執筆しています。また、作曲に役立つヒントや参考書などのレビューも行っています。

ミックス・マスタリングの勉強に役立つDTM本【2選】

DTMを始めてようやく最後まで曲を作れたけど、ミックスとマスタリングってどうやってやればいいんだ・・・?

ミックスについて体型的に学べる本はないかなぁ・・・

本記事はそんな方に向けて、筆者が厳選したミックス・マスタリングを解説したDTM本・雑誌を2冊紹介いたします。

目次

ミックス&マスタリング音圧アップの鍵は「EQとコンプ」(著)竹内 一弘

ミックス・マスタリング技術について理論的に解説した書籍です。どのような場合に、どのパラメータをどのように操作するのか、といった根本的な理解を助けてくれる内容となっております。

他のミックス解説本にありがちな記述として「キックの時はこのパラメータをこのぐらいにする!」というものがあります。

これはこれでわかりやすく即戦的であるのですが、ミックスやマスタリングを根本的に理解することができないので応用が効かないといったデメリットがあります。

こちらでは、そうしたレシピを解説するだけではなく、なぜそのような操作をするのかと言った理由を理論的に解説してくれています。

また、EQでこの周波帯を削ったらどんな音になるのか?あるいは増幅させたらどんな音になるのか?といった具体例がダウンロード音源として付いてくるので、文章だけでなく耳で直感的に理解することもできます。

DTMを始めたばかりの初心者から、思うようなミックスができなくて悩んでいる中級者の方に特におすすめです。

DAWミックス/マスタリング基礎大全(著)大鶴 暢彦

オンラインDTMスクールとして有名な「Sleepfreaks」の講師によって書かれた本格的な解説本です。基礎大全という名前がついていますが、右も左もわからない初心者に向けて書かれた本ではないので注意が必要です。

専門用語についての解説はあまりなく、ある程度DTMを始めて時間が経っている人や、思うようなミックス・マスタリングができないと言った自分の技術不足を感じている中級者・上級者向けの本だと感じました。

ミックス・マスタリング以前に、DAWやプラグインソフトの使い方についての知識がないようなDTM初心者の方は先程紹介した「ミックス&マスタリング音圧アップの鍵は「EQとコンプ」をおすすめいたします。その後にこちらを読めば、よりスムーズに理解ができると思います。

もちろん、分からない用語等は適宜インターネットで検索していけば良いので、DTM初心者だけど本気で1から勉強したいという方は本書から読んでみてもいいかもしれませんね。

また、本書籍は「Kindle Unlimited」にラインナップされています。普通に買うと2,200円と結構お高いので、ぜひ登録(30日間は無料)をお勧めいたします。30日間の無料体験期間中に解約すれば、実質0円で読めますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次