MENU
DTM機材オタク
国内・海外ミュージシャンの使用機材情報を調査し、解説記事を執筆しています。また、作曲に役立つヒントや参考書などのレビューも行っています。
5/1 現在サイト全体を改修中です。表記揺れ等が発生しておりますが、何卒ご容赦くださいませ。

【かめりあ / Camellia】の使用機材を徹底解説!(34製品)

かめりあ Camellia アイキャッチ
Loopcloud Music App from Loopmasters.com

BEMANIシリーズなどの音ゲーへの楽曲提供で頭角を現し、今や世界的に人気を集めている「かめりあ / Camellia」氏の使用機材についてまとめました。筆者による各機材のレビューもございますので、併せて参考にしていただければ幸いです。

目次

使用機材・解説

〇Windows PC デスクトップ

かめりあさんのツイートを拝見した限りでは、2020年の2月末までは「Windows 95」を使っていたようです。かめりあさんのように、OSやソフトにアップデートが来ても更新せずに、使い慣れたままの環境で使い続けるという方は結構いらっしゃいますね。


〇タンスのゲン / 昇降式スタンディングデスク 幅120×1、幅90×1

かめりあさんご本人のブログにて、こちらの机を購入したとの記述がありました。ガス圧式で昇降が可能なスタンディングデスクです。120cm幅を正面に、90cm幅を右手側に縦に置いてL字テーブルのようにしているそうです。


〇ケンジントン / SlimBlade Trackball

2017年の雑誌インタビューの時点では、こちらのマウスを使用していたようです。

トラックボール製品で有名なケンジントン社のUSB接続型トラックボールマウスです。手首の負担が少ないことから、ミュージシャンを始めとした長時間パソコンを操作する職種の人がよく使っています。多少操作に慣れが必要ですが、慣れてしまえば手首の負担の軽減をはっきりと感じられるようになります(個人差はあります)。


〇エレコム / M-HT1DRXBK

2018年8月に投稿されたご本人のブログ記事にて使用が確認できます。

エレコムの人気トラックボールマウスです。任意に機能をアサインできるボタンが合計10個搭載されており、ショートカットなどを割り当てることで作業を高速化できます。また、本体と一体化したパームレストにより手首の負担を抑え、長時間の使用を可能にしています。

〇Cockos / Reaper

様々な媒体で「Reaper」を使用していることを公言なさっています。

アメリカの音楽制作ソフトウェア開発企業「Cockos」が販売しているDAWです。他DAWと比べるとマイナー感は否めませんが、動作が軽いことや、業界標準プラグイン形式に幅広く対応していることにより、一部のDTMerから高い評価を獲得しています。「Reaper」は誰でも60日間無料で使用でき、その後も使い続ける場合は、利用用途によって「Discounted License(60ドル)」か「Commercial License(225ドル)」を購入する必要があります(機能は一緒)。条件は以下の通りです。

以下の場合は、割引(Discounted)ライセンスをご利用いただけます。

・あなたが個人で、REAPER を個人的に使用している場合。

・REAPER を商業的に使用している個人または企業で、年間の総収入が 20,000 米ドルを   超えない場合。

・教育機関または非営利団体である場合。

                                       https://www.reaper.fm/purchase.php

〇YAMAHA / AUDIOGRAM3(現行:AG03)

「Ask.fm」にて「AUDIOGRAM3」を使用しているとの回答がありました。

「AUDIOGRAM3」は、かつてYAMAHAから販売されていた3chオーディオインターフェイスです。現在は後継種として「AG03」が販売されており、こちらは「ウェブキャスティングミキサー」という名前の通り、Youtube等でのインターネット配信時に便利な機能が搭載されていますので、音楽制作をしない人にも大人気のモデルとなっています。「弾いてみた」や「歌ってみた」動画を投稿したい、ネット上で生配信活動をしたい、Zoom等のWeb会議で高音質環境を実現したいという方に非常にオススメです。


〇audient / iD22

ご本人によるTwitterの投稿にて所有が確認できます。

イギリスのレコーディング機器メーカー「audient」の 2in / 6out オーディオインターフェースです。世界中のレコーディングスタジオで使われている Audient のコンソールと同じClass-A マイクプリアンプを2基搭載しており、クラシカルな暖かみと奥行きのあるサウンドを楽しむことができます。

〇AKG ( アーカーゲー ) / Q701 グリーン 開放型ヘッドホン

「Ask.fm」にてQ701を使用しているとの回答がありました。

こちらは、AKGとアメリカの名プロデューサー「クインシー・ジョーンズ」のコラボレーションモデルです。ベースとなったベストセラーモデル「K701」と比べると、ヘッドバンドの調節範囲が広まったことによる装着感の改善や、低域の厚みがより洗練されたなどの進化が感じられます。


〇FOCAL ( フォーカル ) / Solo6 Be Red Pair

かめりあさんご本人のブログに投稿された写真に写っていました。

モニタースピーカーの開発を手掛けるフランスのオーディオメーカー「FOCAL」から販売されているハイエンド・モニタースピーカーです。特徴としては、ツイーターにベリリウムという高級素材を使用していたり、独自開発のウーファーを搭載していることがあげられます。

総合音源

〇Native Instruments / KOMPLETE 13 ULTIMATE

サウンドハウスの企画にてご本人が「KOMPLETE 13」の解説をなさっています。

こちらは音楽制作に必要なあらゆるサウンドを全て備えた総合音源バンドルで、業界標準音源とも言われています。収録されている音源の違いによってエディションが分けられているので、予算に合わせて選ぶとよいでしょう(後から上位エディションへアップグレード可能です)。 ちなみに、かめりあさんは有名な「Massive」以外にも、「Ultimate」以上にしかバンドルされていない「RAZOR(シンセ音源)」や「Damage(パーカッション音源)」を使っていたことから、「Ultimate」か「Ultimate Collector’s Edition」を所有していると考えられます。


シンセ音源

〇Lennar Digital / Sylenth1

「ask.fm」 の回答にて使用プラグインの一つに挙げています。

EDMを始めとしたダンスミュージックの定番ソフトウェアシンセサイザーです。発売から10年以上経過していますがまだまだ人気です。ただ最近はやはり「Serum」や「Spire」の方が盛り上がっている感じはしますね。また、機能が制限されたデモ版を無料でダウンロード可能なので、一度使ってみると良いと思います(上記のバナーリンクはデモ版のダウンロードページに飛びます)。


〇XFER RECORDS / SERUM

「ask.fm」 の回答にて使用プラグインの一つに挙げています。

近頃の第一線で活躍されているプロミュージシャンで使っていない人はいないんじゃないかというレベルで使用者が多いウェーブテーブル方式シンセサイザー音源です。非常にくっきりとしたデジタル感のある音が特徴的で、EDMからFuture Bass、ポップスと幅広いジャンルで使用されています。各社・各個人からプリセットパックが多数配布されているので、これから初めてシンセ音源を買おうとしている初心者の方にもオススメできます。


〇reFX / Nexus 3

「ask.fm」 の回答にて使用プラグインの一つに挙げています。

搭載されたプリセットの中から好きなものを選んで使うだけという、超シンプルなシンセ音源です(サンプラーに近いです)。プリセットの完成度が高いので、プロでもプリセットのまま楽曲に取り入れていることも多いです。「Starter / Value / Complete」の3つのエディションが存在しますが、違いは収録されているプリセットとサンプル音源の数だけで、機能は一緒です。ほとんどの人は「Starter」で十分ですし、足りないと思ったら後で「Expansions」という形でプリセットパックを追加購入することも できます。


〇Kilohearts / TOOLBOX ULTIMATE

ご本人がTwitterの投稿にて「Kiloheartsのプラグインはすべて持っている」と発言しています。

スウェーデンのプラグインメーカー「Kilohearts」社の全部入りバンドルです。個別に集めると$1209かかるところ、バンドルだと半額以下の$499というお得価格になっています(セール時には更に安くなります)。新世代のシンセ音源と話題になったセミモジュラータイプのシンセ音源「Phaze Plant」も含まれています。かめりあさんは「Phaze Plant」を始めとしたKilohearts社製のプラグインを愛用している様ですね。


〇Plogue / chipsounds

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

モントリオールに拠点を置く独立系のオーディオソフトウェア会社「Plogue」が開発した、15種類の8bit ビンテージ・サウンドチップを忠実に再現したシンセサイザー音源です。 ちなみに、かめりあさんはこのソフトを使う前は「Retorizer」というフリーのファミコン風VSTi音源を使用していたようです。


ピアノ・キーボード音源

〇SPECTRASONICS / Keyscape

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

アメリカのソフトウェアメーカー「SPECTRASONICS」が販売するキーボード音源です。「YAMAHA C7」や「Fender Rhodes」などを始めとした36種類もの鍵盤の名機をモデリングしており、鍵盤楽器はこれ一つでほぼ困ることはないでしょう。また、こちらのソフトは、同社が販売しているシンセサイザー音源「Omnisphere」と連携することが可能です。


シネマティック音源

〇SONICCOUTURE / GLASS WORKS 2

「ask.fm」 の回答にて使用プラグインの一つに挙げています。

LE CRISTAL(ル・クリスタル)、GLASS ARMONICA(グラス・アルモニカ)、CLOUD CHAMBER BOWLS(クラウド・チェンバー・ボウル)という3種類のガラス製楽器を忠実にソフト化したKONTAKT専用音源です。サウンドトラック系やエレクトロニカ系の楽曲にマッチすることからとても人気です。


〇SPITFIRE AUDIO / ALBION ONE

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

映画の劇半曲に適したKONTAKT専用シネマティック・オーケストラ音源です。映画音楽制作業界の標準ツールとも名高く、SPITFIRE AUDIOを代表する人気の音源の一つとなっています。金管木管ストリングスのみならず、重低音が響く荘厳なパーカッション音源やシンセサイザー音源も収録されていますので、これ一つ手に入れれば劇半制作には困りません。


ベース音源

〇IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / MODO BASS

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

イタリアの音楽制作アプリ・周辺機器メーカー「IK MULTIMEDIA」の物理モデリング・エレキベース音源です。5弦・6弦ベースを含めた14種類の代表的なエレキベースをモデリングしています。

サンプリング音源と物理モデリング音源

現在の主流ソフト音源は「サンプリング音源」というもので、録音された楽器の音声データをMIDIノートに合わせて発音するという仕組みです。

一方で「物理モデリング音源」というのは、デジタル演算によって実際の楽器をバーチャルで再現して発音するという画期的な仕組みになっています。

音の表現力では物理モデリング音源が勝りますが、その反面楽器に対する知識がないとリアリティのある音を出すことが難しいというデメリットがあります。

他にも、物理モデリング音源はデータ容量がサンプリング音源と比べて非常に小さいというメリットがある一方で、演算負荷が高いのである程度のCPUパワーが必要というデメリットがあります。


〇SPECTRASONICS / Trilian

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

アメリカのソフトウェアメーカー「SPECTRASONICS」が販売する総合ベース音源です。アコースティックベース、エレキベース、シンセベースといったあらゆるベース楽器を収録しており、汎用性の高いベース音源として高い評価を得ています。プロの間でも使用者が多く、コストパフォーマンスの良さと音質の優れ具合から、迷ったらこれを買っておけと言われる事も多いです。 また、このソフトは、同社が販売しているシンセサイザー音源「Omnisphere」と連携することが可能です。


ドラム音源

〇XLN AUDIO / Addictive Drums 2: Custom

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

値段が安いこと、即戦力級のプリセットが豊富なこと、UIが視覚的にわかりやすい等の点から、初心者にもオススメのドラム音源です。個人的にはボカロPに使用者が多い印象があります。


その他

〇Vengeance Sound / Vengeance Dubstep Essential 3

リットーミュージックのオンライン記事にて使用が確認できます。

昔からEDM制作者に人気のサンプルパックです。Vengeance Soundの公式ホームページから入手できます。


〇Vember Audio / shortcircuit

リットーミュージックのオンライン記事にて使用が確認できます。

かつてフリーで配布されていた高機能サンプラーソフトウェアです。元々は有料ソフトだったようで、機能としては業界標準サンプラーソフト「Kontakt」と遜色ないとの評判もありました。

ディストーション

〇Dada Life / Sausage Fattener

「ask.fm」にて「Sausage Fattener」を使っていると回答しています。

「Dada Life」というスウェーデンのEDMデュオが販売している、音圧を上げることに特化したディストーションプラグインです。特にEDM界隈では有名なソフトで、超簡単に音圧を上げることができると根強い人気を集めています。コントローラーは、入力信号を調整する「GAIN」、音圧を調整する「FATNESS」、高音を強調して煌びやかさを付与する「COLOR」の3つしかありませんので、初心者でも悩むことなく使うことができます。


〇Ohm Force / Ohmicide

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

フランスのプラグインソフトメーカー「Ohm Force」社の4バンド・ディストーションプラグインです。現在も販売されているものの、どうやら2016年以降更新が止まっているようで、Mac OSの場合はMojaveまでしか対応していませんので注意が必要です。


〇iZotope / Trash 2

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

AIを活用したプラグインで有名なiZotope社のディストーションプラグインです(Trash2にはAIあ機能はありません)。Plugin Boutiqueで購入特典として無料配布されたり、90%セール(99ドル→9ドル)という物凄い割引をしていることがあるので、その時を狙って手に入れるのが良いでしょう。


コンプ・リミッター

〇A.O.M.Plugin / Invisible Limiter

ご本人のTwitterの投稿にて所有が確認できます。

東京に拠点を置くプラグイン開発メーカー「A.O.M Plugin」のマスタリング向けリミッター・マキシマイザーです。元の音をできるだけ変えないように設計されているため、自然な形で音割れを防ぎつつ音圧を上げてくれるおすすめのプラグインです。


〇Waves / Renaissance Compressor etc…

「ask.fm」にて、ご本人が「Rcomp(Renaissance Compressor)」などのWavesプラグインを使用していると話していました。

「Rcomp」は、WAVESプラグインのベストセラーバンドルである「WAVES GOLD Bundle」に含まれていることから、DTMerの中には持ってる人が非常に多い定番コンプレッサープラグインです。


〇KICKSTART / Nicky Romero KICKSTART

「ask.fm」にて、ご本人が「Kickstart」を使っていると回答しています。

プラグイン開発者「Cableguys」と超有名DJ「Nicky Romero」が共同開発した、サイドチェイン特化のコンプレッサープラグインです。右側で波形を選び、左側の丸いツマミで効き具合を調整するという超シンプルな操作となっており、最速でサイドチェイン効果を付与することができます。


〇Xfer Records / OTT

リットーミュージックのオンライン記事にて使用が確認できます。

「Serum」で有名なXfer社が無料で配布している3バンド仕様のマルチバンドコンプレッサー・プラグインです。パリッとした音質が特徴で、9つのつまみと中央の画面のみというシンプルな見た目で操作感にも優れており、KSHMRやDeadmau5などの数多くの有名プロデューサーも使用しています。


イコライザー

〇FabFilter / Pro-Q3

Twitterに投稿された動画に写っていました。

プロの現場で愛用されている定番EQプラグインです。UIが視覚的にわかりやすく、ショートカット操作にも対応しているので直感的な操作が可能です。プロだけでなく、初心者にもおすすめです。


アンプシミュレーター

〇IK MULTIMEDIA / AmpliTube 5

「ask.fm」 の回答にて使用プラグインの一つに挙げています。

定番のアンプシミュレーター・プラグインです。合計で183種類にも及ぶギア(アンプ・エフェクター・キャビネット・マイクなど)を自由に組み合わせ、自分好みのサウンドを追求できます。


リバーブ

〇Valhalla DSP / Valhalla Room

ご本人が「ask.fm」にて、プラックやパーカッションなどの粗が目立ちやすいパートに使っていると発言しています。

EDM制作者に使用者が多いルーム系リバーブプラグインです。12種類の独自開発残響アルゴリズムを搭載しており、幅と奥行きのある自然な残響音を作り出すことができます。音質に加え、価格も50$と安いことや、操作性がシンプルなのも人気の理由です。

おすすめの1曲

〇ベースラインやってる?笑 – かめりあ feat. ななひら

参照ツイート・動画・記事

ASKfm
かめりあ (@cametek). Ask me anything on ASKfm Get in touch with かめりあ (@cametek) — 520 answers, 916 likes. Ask anything you want to learn about かめりあ by getting answers on ASKfm.
cametekの日記
作業机を新調しました - cametekの日記 特にオチのない、ただ机を買い替えたという記事です。 久しぶりにはてブを更新するのが目的であると見られています。 新調した、作業机を こちらが新しい作業環境になりま...
あわせて読みたい
注目の音ゲー・クリエイターのプライベート・スタジオに迫る!|特集【デジマート・マガジン】 "日本発のダンス・ミュージックを世界に"というコンセプトのもと設立された音楽レーベル『EXITTUNES Dance Production(EDP)』を紹介する書籍『EDPクリエイターズ・ブック...
Rittor Music
【かめりあ編】HOW TO MAKE? 音ゲー・トラック・メイク術(第2回)|『EDPクリエイターズ・ブック』より 続いて登場してくれたのは、かめりあ。同じようなプラグインを使いつつも、kors kとはまた違う、独自の作曲技法を持つ。今回は近日リリース予定だという完成トラックを紐解...
かめりあ Camellia アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる