MENU
DTM機材オタク
国内・海外ミュージシャンの使用機材情報を調査し、解説記事を執筆しています。また、作曲に役立つヒントや参考書などのレビューも行っています。
5/1 現在サイト全体を改修中です。表記揺れ等が発生しておりますが、何卒ご容赦くださいませ。

【秋山黄色】使用機材・解説

秋山黄色 アイキャッチ
Loopcloud Music App from Loopmasters.com

「Caffeine」や「モノローグ」という曲で有名なシンガーソングライター「秋山黄色」氏の使用機材についてまとめました。筆者による各機材のレビューもございますので、併せて参考にしていただければ幸いです。

目次

使用機材・解説

〇Logicool / G Pro ゲーミングマウス

Logicoolのゲーミングマウスです。秋山黄色さんはPCゲームをするのでこちらを選んだようです。アサイン可能なサイドボタンが付いているので、DAWでよく使うショートカットキーを登録して使うこともできますね。

〇STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 11 通常版

2020年の初頭頃のTwitterの投稿で使用が確認できます。長年に渡り国内ナンバーワンシェアを誇る大定番DAWです。最近はStudio Oneにシェアを奪われつつありますが、まだまだ人気です。


〇PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 5 Professional

ご本人様のTwitterに投稿されている動画で使用が確認できます。Cubaseから乗り換えたのでしょうか(あるいは併用)。スタイリッシュなUIや価格の安さからシェアを伸ばしてきているDAWソフトです。Cubaseの元開発陣が「Cubaseより良いDAWを作ろう」という理念のもと開発を始めたそうなので、搭載されている機能はCubaseとよく似ています(コードトラック等)。詳しい解説は別記事で行っていますので、気になる方は是非ご覧ください。


〇FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett Solo (gen. 3)

2020年1月頃のTwitterの投稿で使用が確認できます。こちらはイギリスに拠点を置くオーディオメーカー「Focusrite」が展開する「Scalettシリーズ」の中で最もコンパクトなモデルです。3rd Genは第三世代という意味で、2019年夏から販売開始となった最新モデルです。6万円相当の付属ソフトが付くことで非常にコスパが良いのですが、MIDI入出力端子が付いていないことには注意が必要です。


〇RME ( アールエムイー ) / Fireface UCX オーディオインターフェイス

RME社から販売されているプロ仕様のオーディオインターフェイスです。できる限りコンパクトに収めたハーフラックサイズの筐体に、18in/18outものオーディオチャンネル、デジタル制御プリアンプ、最新のAD/DAコンバーターを搭載しています。また、サンプリング周波数は192kHz、ビット数は24bitに対応しています。ハーフラックといえどスペースが限られている自宅DTMerにとっては中々導入が難しいですが、同じくRMEから販売されている「Babyface Pro FS」であれば机の上に置けるサイズですので、こちらも併せて検討する価値ありです。



〇サウンド&レコーディング・マガジン 2021年5月号(Kindle Unlimited

本誌内にて秋山黄色さんがインタビューを受けており、そこで初めて買ったオーディオインターフェイスについて言及しています。


〇SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

1989年に発売されてから現在に至るまで、モニターヘッドホン界の覇権を撮り続けているSONYの超定番モニターヘッドホンです。秋山黄色さんはこのヘッドホンが一度壊れてしまった際、もう一度買い直したそうです。


〇YAMAHA ( ヤマハ ) / HPH-MT8 スタジオモニターヘッドホン

YAMAHAの人気モニターヘッドホンです。原音の特性はそのままに全帯域を高解像度で再生するよう設計されたモデルで、プロアマ問わず所有者が多いです。イヤーパッドも厚みがあり、モニターヘッドホンにありがちな側頭部への締め付け感が抑えられています。CD900STの他にこちらも所有しているようです。


〇Fostex ( フォステクス ) / NF04R

日本のフォスター電機が展開する自社ブランド「Fostex」のプロ向けモニタースピーカーです。自動車部品にも使われるアルミダイカストという素材をボディに採用している他、4インチHR形状ウーハーユニットを搭載し、小型でありながら非常にパワフルな出力を備えています。


〇INAIR ( インエアー ) / M360 SV インエアー方式イヤホン

この「INAIR / M360」は、独自開発の「インエアーエルゴノミクス方式 」を採用した画期的なイヤホンです。一般的なカナル型イヤホンには「音道管」と呼ばれるパーツがありますが、こちらのインエアーエルゴノミクス方式イヤホンには音道管自体がなく、スピーカーユニットが直接耳にすっぽり嵌まる形状になっています。また、音道管を撤廃したことによりシリコンピースもなくなっため、高解像度の音が耳内部にダイレクトに広がります。フラットな味付けで解像度が高く、広い音場で音の定位も分かりやすいため、モニターヘッドホンのように使用することができます。

〇NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 BLACK

ハイエンド音響機器メーカー「ノイマン」の、スッキリとしたサウンドが特徴の単一指向性コンデンサーマイクです。グリル内にポップスクリーンを内蔵しており、ポップノイズを抑制してくれます。144dBもの最大入力音圧レベルを活かして、ナレーションやボーカルはもちろんドラムなどの楽器にも適しています。


〇TC-HELICON / VoiceLive Play ボーカル用エフェクター

簡単操作でプロのようなボーカル・エフェクトを使える本格派ハーモニー&マルチエフェクト・プロセッサーです。ジャンルボタンを使うことによって235種類のプリセットから好みのエフェクトを簡単に選ぶことができるので、初心者にもお勧めできます。

〇Mosrite / SUPER EXCELLENT.65

Twitterの投稿にて所有が確認できます。ベンチャーズや加山雄三が使用していたことで有名な「Mosrite」のギターを使用している様です。見た目も独特ですが、音も唯一無二です(テケテケ感?がします)


〇Fender / American Acoustasonic Telecaster Black

「THE FIRST TAKE」に出演した際に使用していました。こちらはFenderが販売している、アコースティックギターとエレキギターを融合させた次世代型ギターシリーズ「American Acoustasonic」のテレキャスターモデルです。このシリーズのイメージとしては、従来のエレアコをもう少しだけエレキギター側に寄せたものだと思えばOKです。


〇Tokai ATH-GP MH C/WRR(ギタープラネット店限定オーダーモデル)

Twitterの投稿にて確認できます(赤色のギター)。御茶ノ水の楽器街に店を構える専門店「ギタープラネット」で各カラー1本ずつのみで限定販売されたトーカイのテレキャスター・シンラインです。現在は手に入れることが難しいと思います。


〇Tokai / Vintage Series AJB97 VWH

Twitterの投稿にて確認できます。TOKAIのホームページを確認したところ現行ラインナップには記載がなかったので、現在は生産終了しているものだと考えられます。各楽器店にはまだ在庫があるみたいですね。

マルチエフェクター

〇BOSS ( ボス ) / GT-1000 マルチエフェクター

BOSSが展開するマルチエフェクターシリーズ「GTシリーズ」のフラッグシップモデルです。暗闇でも視認性の高い大型液晶ディスプレイや、自由に色を変更できるLEDペダルを搭載しており、レコーディングだけでなくライブでも本領を発揮できます。


〇EVENTIDE ( イーブンタイド ) / H9 MAX

アメリカの音響機器メーカー「EVENTIDE」が販売している、コンパクトボディに最高峰の空間系サウンドを備えたギター用ペダルエフェクターです。99種類のファクトリープリセットが標準で収録されている他、iTunes Storeから別売のアルゴリズムをダウンロードすることが可能です。


〇ZOOM ( ズーム ) / MS-70CDR マルチエフェクター

コーラス、ディレイ、リバーブ等、厳選した86種類の空間系エフェクトをコンパクトに収めたマルチエフェクターです。高度なエフェクト処理を実行できる「ZFX-IV」というものを搭載しており、レコーディングスタジオに置いてあるようなラックマウント型エフェクトに匹敵する空間シミュレーションを作ることができます。


〇ZOOM ( ズーム ) / MS-60B ベース用マルチエフェクター

ベースに特化した52個のエフェクトと6個のアンプモデルを搭載したベース用マルチエフェクターです。1台でロック、ジャズ、フュージョン、ファンク、ソウル、レゲエなど、あらゆるジャンルのベースサウンドに対応できます。


ドライブ系

〇BOSS ( ボス ) / BD-2 Blues Driver オーバードライブ

名前の通りブルースを彷彿とさせるサウンドから強めのディストーションサウンドを作るだけでなく、他のエフェクターと併用してゲインブースターとしても使うことも可能です。定番だけあってプロにも使用者が多いため、楽曲でよく耳にするドライブサウンドを簡単に再現することができます。


〇BOSS ( ボス ) / DS-1X ディストーション

Multi-Dimensional Processing(多次元的信号処理)という最先端技術を搭載したことにより、従来のアナログディストーションペダルにあった「歪ませるほど音が潰れがち」というデメリットを克服した最新型デジタルディストーションペダルです。従来の「DS-1」とはほぼ別物と認識してもよいかもしれません。


〇SUHR ( サー ) / Riot Distortion

スタックアンプの箱鳴り感を再現したディストーションペダルです。ピッキングの強弱によってクランチからハイゲインまで自由自在にコントロールすることができます。また、ギターやアンプとの相性によって歪み方を変更できる切り替えスイッチ(3パターン)を搭載しています。


〇Vivie ( ビビー ) / ATHENA ディストーション

TwitterやYoutubeなどで話題の国産ハンドメイド・ブランド「Vivie」が販売しているディストーションペダルです。BABYMETALのバックバンドのメンバーとしても有名なギタリスト「大村孝佳」さんのシグネチャーペダル「IRENE 66」を元に開発されたもので、スタジオの定番アンプであるRolandのJC-120やMarshallのJCM2000でブティックアンプのサウンドを得ることができます。


〇PROCO ( プロコ ) / RAT2 ディストーション

80年代にジェフ・べックが愛用したことによって世界的定番となったディストーションペダルです。日本では東京事変の丸の内サディスティックの歌詞に出てくることでも有名ですね。他の追随を許さない図太いサウンドとマイルドな歪みは国内外の多くのトップギタリストを魅了し続けています。


〇VEMURAM Jan Ray オーバードライブ

VEMURAM(ベムラム)という名前からしていかにも海外メーカーのような印象を受けますが、実は日本のブランドです。こちらのJan Ray(ジャン・レイ)は徹底的に日本製に拘って開発されたエフェクターであり、海外でも高い評価を得ています。以前一度借りて使ったことがあるのですが、歪みすぎないナチュラルなサウンドが特徴で、スタジオに置いてあるマーシャルのJCM-2000に繋ぐとめちゃくちゃいい音(主観)が出ます。


〇ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / CRAYON 76(69) – Full-Range Overdrive

TREBLEノブとBASSノブが独立しており、幅広い音作りが可能なオーバードライブペダルです。透明感のある歪みが特徴で、トランスペアレント系とも呼ばれています。歪みを抑えてTREBLEとBASSを調整することによってトレブル・ブースターやベース・ブースターとして使うことも可能です。ちなみに同じような「CRAYON 69」というモデルがありますが、違いはデザインのみです。


〇JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / FFM6 Band of Gypsys Fuzz Face Mini

ジミ・ヘンドリクスが「Band of Gypsys」活動時に使用していたカスタマイズ・ファズフェイスの再現モデルです。これ一台で、高価で扱いづらいヴィンテージ機材を持ち出すことなくマニアックなジミヘンサウンドを手軽に実現することが可能です。


〇ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / Big Muff Pi Original

ジミ・ヘンドリックスが使っていたことで有名な「Big Muff」の復刻モデルです。オリジナルの良さを残したままノイズが抑制されており、現代的なサウンドに対応可能です。


空間系

〇ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / Neo Clone

ニルヴァーナのカート・コバーンが使用していたことで知られるコーラスエフェクター「Small Clone」の後継モデルです。高品質なBBDチップ(空間系エフェクターなどに使用されている電子部品)と、オリジナルモデルに搭載されていた回路がそのまま搭載されています。


〇BOSS ( ボス ) / CH-1

発売から今日に至るまでの長い間、プロアマ問わず使われている定番のコーラスエフェクターです。クリーントーンに乗せてカッティングプレイをしたり、ドライブエフェクターと併用して歪に煌びやかさを付与するなど、幅広いサウンドメイキングが可能です。


〇TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / Flashback 2 Delay ディレイ・ペダル

直観的な操作と高音質が魅力の人気ディレイペダルです。同社が販売しているオクターブエフェクター「Sub ‘N’ Up」の回路を使用したShimmer効果(シンセのような倍音を付与する効果)を取り入れた新ディレイ・アルゴリズムや、新たに開発された「Tape / Analog」アルゴリズムを搭載し、よりビンテージっぽいエフェクトを実現しています。ペダルスイッチに感圧センサーが付いているのも特徴です。


チューナー

〇BOSS ( ボス ) / TU-3 クロマチック・チューナー


超定番ペダルチューナー「BOSS TU-2」の後継モデルです。視認性の悪いライブハウスや屋外ステージでの視認性を高めた「高輝度モード」の搭載や、メーターに21個のLEDライトを搭載したこと、最大6半音までのフラットチューニングへの対応などの新たな機能が加わったことでより快適なチューニングが行えるようになりました。


〇TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / Polytune 3 ポリフォニック チューナー

デンマークのエフェクター製造企業「TC ELECTRONIC」から販売されているポリフォニックチューナーです。Bonafide Bufferという独自のバッファーを搭載しているのも特徴で、ただのチューナーとしてだけでなくバッファーとしても使えます。ちなみにポリフォニック・チューナーというのは「6弦同時にチューニング状況を表示してくれるチューナー」のことで、「バッファー」は複数のエフェクターの使用によってケーブリングが長くなった場合に、ギターのインピーダンスを下げることで音の劣化を防ぐ機器のことを指します。チューニングを効率化したい人や、沢山エフェクターを使っていて音の劣化が激しいと感じている人におすすめのチューナーです。


〇TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / PolyTune Clip クリップチューナー

同社が販売しているポリフォニックチューナーのクリップ版です。「Polytune 3」からチューナー機能だけを抽出したものと考えてよいと思います。


〇KORG ( コルグ ) / Pitchblack mini GR ペダル・チューナー グリーン

チューナーとしての優れた性能はそのままに、ボディを最小化した人気ペダルチューナー「Pitchblack mini」のグリーンカラーモデルです。狭いエフェクト・ボードの中にも気軽にセットすることができ、電池駆動にも対応しています。


その他

〇MOOER ( ムーアー ) / Micro PreAMP 006

MOOERはギター・ベース用エフェクターを取り扱う新進気鋭の中国の会社です。こちらのMooer Micro Preamp 006は、Fender blues deluxeをモデリングしたプリアンプペダルで、FENDERアンプらしいビンテージ感のある音色が特徴です。


〇FREE THE TONE / PT-1D POWER DISTRIBUTOR with DC POWER SUPPLY

国産メーカー「FREE THE TONE」が販売しているパワーディストリビューターです。筺体に航空機の部品に使用される国産のアルミニウム合金を使用しており、強度を保ちながら軽量化を実現しています。また、ノイズフィルターとショートプロテクション回路が搭載されているため、複数のエフェクターを使用しているギタリストには必携の一品です。


〇FREE THE TONE / ARC-4 AUDIO ROUTING CONTROLLER

同社の定番スイッチャー「ARC-3」を改良したモデルです。ギターやベース、エフェクターやアンプが持つ音を最大限に生かすことができる「HTS(Holistic Tonal Solution)サーキット」という回路を搭載しており、複数台のエフェクターを使用していて音痩せが気になる方には特におすすめです。


〇XOTIC ( エキゾティック ) / XW-1

ワウぺダルの元祖「Clyde McCoy Wah」を基に作られた多機能ワウペダルです。2バンドEQを搭載し、ヒューマンボイスのような響きをコントロール可能かつ、内部に4回路のディップスイッチを備えているため細かな調整に対応できます。ボードに組み入れやすいサイズも魅力です。

〇CASIO ( カシオ ) / SA-46 ミニキーボード

CASIOから販売されている32ミニ鍵盤搭載の大人気ポータブルキーボードです。ちなみにどのくらい人気かと言うと、Amazonで本来3,000円ほどで手に入るはずがコロナの影響で品薄になったことで約7,500円まで釣り上がったことがあるぐらいですそんな大人気キーボードですが、本製品はMIDIに対応していないためMIDIキーボード代わりには使えませんのでご注意ください。

〇M-AUDIO ( エムオーディオ ) / Keystation49 mk3 MIDIキーボード

Twitterの動画から使用が確認できます。世界中のプロにも使用者が多い定番キーボードでありながら非常に安価で、かつ本体に付属するソフトウェアも充実しているため非常にコスパが良い商品です。


〇NEKTAR ( ネクター ) / IMPACT LX49+

米国に拠点を置く「Nektar Technology」の49鍵盤MIDIキーボードです。9本のフェーダー、8つのベロシティ対応パッド、9つのアサイナブルボタンを搭載する他、同社が開発した「DAWインテグレーション」という機能によって、これらのフィジカルコントローラーを自動でDAWと連携してくれます(対応DAW:Cubase、Nuendo、Digital Performer、Bitwig、FL Studio、GarageBand、Logic、Reaper、Reason、Sonar 、Studio One )


〇AKAI ( アカイ ) / MPX16 サンプラー

Twitterに投稿された写真に写っています。16個のベロシティ対応パッドを搭載したハードウェアサンプラーです。サンプリングした素材を記録したSDカードを本体に挿入し、任意のパッドに割り当てることですぐにプレイが可能です。音楽制作やステージでのパフォーマンスはもちろん、イベントや演劇で効果音を出すときなど様々なシチュエーションで活躍します。


〇サウンド&レコーディング・マガジン 2021年5月号(Kindle Unlimited

本誌内のインタビューにて、持ってはいるものの現在は使用していないMIDIキーボードについて記述があります。


〇XLN AUDIO ( エックスエルエヌオーディオ ) / Addictive Drums 2

Twitterに投稿されている動画で使用が確認できます。値段が安いこと、即戦力級のプリセットが豊富なこと、UIが視覚的にわかりやすい等の点から、初心者にもオススメのドラム音源です。個人的にはボカロPに使用者が多い印象があります。


〇SYNTHOGY ( シンソジー ) / Ivory II Grand Pianos

Twitterに投稿されている動画で使用が確認できます。こちらはピアノ音源に特化したソフトメーカー「SYNTHOGY」のグランドピアノ音源「Ivory Grand Pianos II」です。「Bosendorfer 290 Imperial Grand」「German Steinway D9 Concert Grand」「Yamaha C7 Grand」の3台の超有名グランドピアノが収録されています。


〇サウンド&レコーディング・マガジン 2021年5月号(Kindle Unlimited

本誌内でのインタビューでお気に入りのソフトウェア・シンセサイザー音源について言及されています。

〇Positive Grid ( ポジティブ グリッド ) / BIAS FX 2.0 Elite

数々のアンプとエフェクトをモデリングしたギター・ベース用ソフトウェアプラグインです 。こちらの「BIAS FX」はアンプよりもエフェクターに力を入れたソフトとなっており、一部のアンプモデルは同社が別売りしている「BIAS AMP」を購入することで使えるようになります(バンドル品だと少し安くなります)。どちらもいくつかグレードが存在し、そのグレードによって使えるアンプやエフェクターの数が変わってきます。また、世界中のプレイヤーが作成したプリセットを自由にダウンロードできるToneCloudという機能もあることから、プロだけでなくアマチュアギタリストの間でも人気を集めています。


〇サウンド&レコーディング・マガジン 2021年5月号(Kindle Unlimited

本誌内のインタビューにてよく使用するエフェクトプラグインについて説明されています。

〇YAMAHA ( ヤマハ ) / YEV105 エレクトリックバイオリン ブラック

Twitterに投稿された写真に写っています。YAMAHAが販売している5弦仕様のエレクトリックバイオリンです。アコースティックバイオリンと形状が同じため、市販の肩当てが装着可能です(本製品に肩当は付属しません)。


〇GRETSCH ( グレッチ ) / G9110 Concert Standard Model コンサートウクレレ

グレッチのコンサートウクレレです。


〇TOMBO ( トンボ ) / MAJOR BOY(No.1710) 10ホールズハーモニカ

Twitterに投稿された写真に写っています。TOMBOが販売しているロングセラーのハーモニカです。ゆずや長渕剛さんなど有名ミュージシャンにも使用者が多く、ハーモニカと言ったら「MAJOR BOY」ぐらいの定番です。18のメジャーキーに加え12のマイナーキーに対応したモデルがラインナップされています。

おすすめの1曲

〇猿上がりシティーポップ

参照ツイート・動画・記事












秋山黄色 アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる