\ ポイント最大10倍! /

INTERNET / VOCALOID4 Library Megpoid V4

INTERNET / VOCALOID4 Library Megpoid V4
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 人気声優・歌手「中島愛」さんの声を基に制作された
  • 歌声のバリエーションが豊富
  • クロスシンセシス可能なライブラリが多い
デメリット
  • エディターソフトが付属しない
ブランドINTERNET
カテゴリボーカル&クワイア音源
販売期間2015年11月5日 ~ 現在
ユーザーDECO*27
sasakure.UK

40mP

かいりきベア

ツミキ

てにをは

ピノキオピー

須田景凪

ユリイ・カノン / 月詠み(執筆中)

「VOCALOID4 Library Megpoid V4」は、日本の音楽制作ソフト開発会社「INTERNET(インターネット)」から販売されている、声優・歌手の「中島愛」さんの音声を基に作成された「VOCALOID4」音源です。

正式名称は「Megpoid(めぐっぽいど)」ですが、実際は同ソフトのイメージキャラクターである「GUMI(グミ)」の名前がアーティスト名として使われることが多いです。

目次

メリット

人気声優・歌手「中島愛」さんの声を基に制作されている

本ライブラリは、人気アニメ「マクロスF」にて「ランカ・リー」役を務めたことで知られる人気声優「中島愛(めぐみ)」さんの声を基に制作されています。

氏がボーカルを担当した「星間飛行(マクロスFの挿入歌)」や、同アニメのOPテーマ「ライオン」は今でも非常に人気のあるアニソンなので、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

実力のある有名アーティストの歌声を自身の楽曲に取り入れることができるのは、非常に大きな魅力だと思います。

声質のバリエーションが豊富

本ライブラリには、声質の異なる5種類のライブラリパッケージが存在します。

更に各ライブラリパッケージには、VOCALOID4専用に新たに制作されたライブラリと、前バージョン(VOCALOID3)のライブラリをリファインしたVOCALOID4対応ライブラリの2つが収録されています(合計10ライブラリ)。

Native

中島愛の「基本的な声」をベースに制作。

収録製品:Megpoid V4 NativeFat / Megpoid V4 Native(VOCALOID3 Megpoid Native リファイン)

Adult

「太く大人っぽい声」をベースに制作。

収録製品:Megpoid V4 MellowAdult / Megpoid V4 Adult(VOCALOID3 Megpoid Adult リファイン)

Power

「迫力ある声」をベースに制作。

収録製品:Megpoid V4 PowerFat / Megpoid V4 Power(VOCALOID3 Megpoid Power リファイン)

Sweet

「子供っぽいあまい声」をベースに制作。

収録製品:Megpoid V4 NaturalSweet / Megpoid V4 Sweet(VOCALOID3 Megpoid Sweet リファイン)

Whisper

「優しくささやく声」をベースに制作。

収録製品:Megpoid V4 SoftWhisper / Whisper V4 Native(VOCALOID3 Megpoid Whisper リファイン)

ちなみに、2022年12月時点では、それぞれ個別のパッケージに加え、5種類すべてを同梱した「Megpoid V4 Complete」が販売されています。

「Complete」版の方が圧倒的にお得なので、特に理由がない場合は「Complete」版を買うことをお勧めいたします。

クロスシンセシス可能なライブラリが多い

VOCALOID4では、異なる2つの歌声ライブラリを滑らかにブレンドできる「クロスシンセシス」機能が追加されました。

「Megpoid V4」のライブラリは全てクロスシンセシスに対応しているため、2つのライブラリを自由にブレンドすることで幅広い歌唱表現を実現できます。

更に、株式会社インターネットの製品であれば別の歌声ライブラリともクロスシンセシスが可能となっています。1クロスシンセシスは原則として同一のシンガー及び言語でないと使えない。インターネット製品以外にも、株式会社AHSの製品同士、YAMAHA株式会社製「兎眠りおん」と「夢眠ネム」の組み合わせに限り、別製品とのブレンドが可能。

株式会社インターネットのライブラリとしては「音街ウナ」や「Gackpoid」が挙げられますが、全く声質が異なる歌声をブレンドできるのは、業界最大手のクリプトン・フューチャー・メディア株式会社製ライブラリにもない大きな魅力となっています。

デメリット

エディターソフトが付属しない

発売当時は歌声ライブラリのみを収録したパッケージのほかに、エディターソフトである「VOCALOID4 Editor」を同梱したスタータパック「VOCALOID4 Starter Pack Megpoid V4 Complete」も販売されていました。

ただ、2018年にリリースされた「VOCALOID5」からエディターソフトの単体販売が終了となったことを受けて、スターターパックは販売終了となりました。

したがって、これから「Megpoid」を使い始める方は、ライブラリを購入した上で別途エディターソフトを用意する必要があります。

「Megpoid」を使用できるエディターソフトの中で、2022年12月時点でも手に入るものは「VOCALOID 6」か、クリプトン製歌声ライブラリに付属するエディターソフト「Piapro Studio」の2つです。

備考

2022年10月13日には、AI技術を搭載した最新型ボーカロイドエンジン「VOCALOID6」に対応した「AI Megpoid」が発売されました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次